厳重処分意見

警察から送致される事件のうち,9割9分までが「厳重処分」意見です。

残り一分について,犯罪の成立が微妙であったり,証拠が十分でない事件すなわち嫌疑不十分とされる事件について,「相当処分」意見です。

さらに数件,時効間近な事件がありますが,これについて「然るべく」意見が付されます。

「時効完成」という不起訴処分もないわけではありませんが,これを避けるため時効完成のひと月前に事件送致をし,「起訴猶予」処分とします。

要するに,警察送致事件のほとんど全てが厳重処分意見です。

起訴猶予相当であるから,寛大処分をお願いしますなどとの送致意見は,あり得ません。